プロフィール

YOSHIKIXXX

Author:YOSHIKIXXX
私生活のことを書いている日記に見ている映画、全部の感想を書いていたら映画日記になってしまったから、日記を分裂(2005年9月13日~)
映画を見て、どう思ったかを書いています
映画は単純に楽しみたく、あんまり難しいことを考えて見るのは好きじゃないので、似た感想になってしまっているかもしれませんが、気楽に読んでもらえたら嬉しいです。
好きなジャンルは、SF アクション 感動系
トラックバックは勝手にしてもらってかまいませんので、どんどんどうぞ
1,2(最悪。ツマラナイ)3,4(イマイチ。退屈かな?)5,6(そこそこ 普通 不満もある)7,8(よく出来てる不満も少ない)9,10(傑作。最高に楽しめた)
みんなのプロフィールSP
人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

にほんブログ村 ポータルブログへ 人気ブログ記事検索 ブログルポ

映画鑑賞日記
見た映画の感想を書いてます 。1日1本が目標 この映画感想には、多くのネタバレがあります!! (劇場公開中の映画は、なるべくネタバレを少なめにするようにしてます)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイレン
『謎解きが欲しい』
またまた邦画を見に行った

リングや呪怨系の映画を想像していたが、全然違った!
冒頭なんて怪獣映画的なノリのようにも見えるし、全体的に日本のホラー映画っぽくないような
どっちかっていったらアメリカのゾンビ映画とかに近いような気がする

んー、でもこれねぇ・・・
わざわざ劇場で見るほどの物ではなかった

オチが最悪!
まさか、あれだったなんて・・・
いやいや、ほんとこのオチはナシでしょ

途中まではけっこう楽しめてたんだけどねぇ
「人魚?!」「不老不死?!」みたいな感じでさ
映画の中でちゃんと謎が一つ一つ解かれていくのかと思ったら違った・・・
これらの謎解きも全然説明されないで終わっちゃったし
あの赤い女の子もなんだったんだろうか?
もっと説明がほしかったりもする
なんで、あーゆうサイレンを聞いてしまう人が出てくるんだろうか?

こんなことまで気にして見てたら駄目なのかな?
でもさ、気にさせないようにするストーリー展開や勢いもなかったし、だから気になっちゃうんだよね
オヤジとの格闘シーンとか、鉄塔を上るシーンなんかはショボクてさ
あと、最後を感動的にしたいなら、もっと弟と市川由衣の交流とか触れ合いがほしいところ

全体的なアイディアはよかったんだけど、演出と脚本が追いつかなかったように思える
あとオチも、もっとパンチが効いてないとね

満足度:5.5



スポンサーサイト

テーマ:サイレン - ジャンル:映画

モスラ2 海底の大決戦
『ダガーラの造形で満足』
mothra2.jpg



最近家にいても、あんまり映画が見る気になれなくて全然更新していなかった・・・
見たい映画はたくさんあるんだけど、忙しかったり家にいる時は何もしないで休んでいたかったりで・・・
ってか、GEOが新作ビデオを340円にして借りにくくなってしまったってのもあるなぁ
200円なら、ちょっと見てみたいってだけですぐ借りれるけど、340円だと少しためらってしまう
前みたいな勢いで借りていたらけっこうヤバくなる

で、今日はモスラ2のDVDをフライング購入

1とかわらず画質は最悪
そんなに古い作品でもないのに、どうしてこんなに・・・

特典の内容は、まぁこんなもんかな?
コメンタリーが終わった後のインビューが入っていたのが、今までなくて新鮮でよかった
映画を見終わった後のキャストやスタッフの感想ってあんまり聞かないから、これからも入れてほしい

今回も1と同じでコメンタリーを聞きながら再生
満島ひかり一人だったから、面白いかどうか心配だったけど、けっこう聞けた
今やっているウルトラマンマックスの話も何度か出て来て、思っていたよりも面白い

映画の方は出来がどうとかよりも、やっぱ懐かしいね
この平成モスラって、ゴジラや平成ガメラほどたくさん見てないし
たぶん4.5回くらいしか見てないと思う
それにここ1,2年はまったく見てなかったからなぁ

まずこのモスラ2は相手怪獣であるダガーラがカッコイイ!
東宝怪獣の中ではかなり地味な存在だが、ここ何年かインパクトがあってカッコイイ新怪獣不在の状況が続いているし、このダガーラがカッコイイ新怪獣の最後だと思っている
実は数少ないダガーラファンなのだ
平成モスラはどれも相手怪獣がかっこよくていい

そして、今回の目玉水中モードモスラもお気に入りだったりする
当時は「モスラが海に?!」って驚いたもんだ
モスラっぽくないかもしれないけど、今見てもあの尖ったモスラはカッコイイ

二大怪獣の造形はいいんだが、ストーリーには少々不満が出てくる
「懐かしさ」のほうが強くて、そんなことはどうでもよかったりすんだが、一応書いておこう

まずは、次の3につなげるためにエリアス内でのドラマを描いて欲しかった
ロラがちょこっと言っていたが、姉妹同士で戦うことの悩みとか葛藤をもっと入れてほしかったな
あとは、人間によって作られてしまったダガーラの悲劇を取り入れてくれたほうが、ダガーラのキャラクターが引き立ってもっとよくなっていたと思う
回想シーンなんかで入れたりして
もっとニライカナイに焦点を当てて進めてほしかった
もうちょっとストーリーや視点をかえるだけで、何倍も面白くなったんじゃないかと思う

そんなことも思ったけど、当時のことを思い出したりすることができて楽しめた
次の3も楽しみだなぁ

でもやっぱ画質が・・・

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

戦国自衛隊 関ヶ原の戦い 後編
『グダグダ感はあったけれども』

すっかり忘れていて見逃すところだった
最初の10分くらい見れなかったし
先週の前編が思ったよりも面白く見れたので、後半もそれなりに期待していた

いやいや、正統なリメイクといった感じだ
オリジナルにいたキャラクターに似せた登場人物がいたり、オリジナルに流れた挿入歌までもが流れている!
村人との交流もしっかり描いていたり、合戦シーンもちゃんとあった
テレビだから、やや迫力不足にも思えたが、テレビでここまでやってくれれば満足だろう
1549よりも、こっちを2時間にまとめて映画ならではの勢いと迫力を足して劇場で見たかった
何かを愛する気持ちとかも、こっちのほうが映像で見せてくれていたしわかりやすい

たけど残念だったのが、ちょっと後半勢い不足でグダグダ感が出ていた
それとオチが・・・
オリジナルと1549、どれとも違ったオチにしようとしたのかもしれんが、これはちょっと・・・
オチは今まで一番悪いぞ
なんかここだけ不完全燃焼だ
サトエリいったいなんだったんだよ・・・

あとは、伊庭と嶋村の対立してるけども堅い友情で結ばれている。みたいな描写があってくれれば、最後嶋村が切られるところは、もっとイイシーンになっていたかもしれないのに

不満もあるが、テレビドラマにしてはよくやった方だと思う
DVDになったらもう一度見てみたい

テーマ:戦国自衛隊 - ジャンル:テレビ・ラジオ

戦国自衛隊 関ヶ原の戦い
『1549よりもいい』

テレビ番組だけれども、楽しみにしていたドラマだから書いておこう

ハッキリ言って1549よりも面白い!
あっちのほうが、お金かかってるし特撮シーンは迫力あったり、実際の戦車がたくさん出ているけど、全体的に見た感じでは今日やった関ヶ原の戦いの方が気に入った
流石に、映画並みのスケール感は出ないよな
テレビだし

でも、1549みたいに無駄な部分がほとんどなく、戦いにしぼったのがよかったのかも
キャラの描き方や反町の荒々しい演技もよかったし
つかみはOKだから、最終に期待!


テーマ:戦国自衛隊 - ジャンル:テレビ・ラジオ

素晴らしき日曜日
『お金はないけど・・・』
TDV-2687D.jpg


全体的に暗いねこれは
暗い中にいる二人
その中で幸せそうに生きている光に見える
見ているとこのカップルを応援してくなってしまう
世間からの風当たりが悪かったり、お金がないために遊べなかったり・・・
今の時代でも同じだよな
金がないからできないことって何個もある
でも、二人でいるだけで楽しいとかってこと
最後に嬉しそうに分かれるところや、タバコを踏んで消すシーンは思わずニヤリとしてしまう


これは「こんな映画も面白い」っていうふうに見ていていられるが、七人の侍、天国と地獄、酔いどれ天使のように「こーゆう映画が見たかった!!」っていうのとは少し違った
でも、こーゆうホノボノ系の映画もたまに見たくなる

テーマ:映画 - ジャンル:映画

モスラ
『画質悪すぎ!!』



いやー、ついに発売!平成モスラDVD
これから3月まで続くリリース
「いったいいつになったら平成モスラのDVD出るんだよ!?」なんてことを、ずーっと思っていた
さすがに、そろそろ出す作品がなくなったんだろうな
でも、SOSの時に出なかったから、当分は出ないものと思っていたら、意外と早い時期に発売された

自分が小学校4年生の時とかに見てたシリーズだから、まさに思い出の作品
それがDVDになるのは嬉しいってもんよ
VSシリーズ並みに嬉しいね

だが・・・
画質悪すぎる!!
これはないよー
怪獣大戦争であんなに画質良くしてんのに、平成モスラはなしですか・・・
VSデストロイアとかよりもずっと画質が悪い・・・
せっかくDVDになったんだから、もっとよくしてくれないと
DVDで発売する必要性が薄れてしまう
まぁ、タイアップCMを映像特典で入れてくれたからよしとしよう
なかなか見ることができないレアモノだし


映画の方は何年も前から何度も見ている映画だし、それとコメンタリー聞きながらの鑑賞だったから、今更書くこともないかもしれないが、DVD発売記念ってことで書いておこう

今見ると、かなりの不満が出てくる
だけど、それも許せちゃうんだよな
vsデストロイアのところでも書いたと思うが、小さい時にリアルタイムで見た思い出の作品だから

今日見て新たに思ったことは、なんか全体的に古くさい
なんでだろう?
DVDなのに画質が悪かったってのが理由の一つなんだけど、あとは厳しい合成がたくさんあったことかな
この作品にはエリアスっていう小さい妖精が出てくるから、どうしても合成が多くなってしまう
しかしこれは10年もの前の映画
その合成を今見ると・・・・ってなってしまう
とくにリビングでの戦いの合成は、見ていて厳しいモノだった
ゴジラだったら、こんなにあからさまな合成は少ないわけだし
だから、デストロイアやスペースゴジラよりも旧い作品に見えてしまった

あとは、やっぱり音楽ね
もう、平成モスラの音楽は最高でしょう!
壮大な親モスラ、新モスラのテーマと重圧なデスギドラのテーマ
あー、ミレニアムシリーズのゴジラで一度は渡辺サウンドが聞きたかった

まぁ、今日見ていて新たに思ったのはこれくらいかな
次のモスラ2が楽しみだ

テーマ:特撮・SF・ファンタジー映画 - ジャンル:映画

酔いどれ天使
『理性』
B00007FOVI.09._OU09_PE0_SCMZZZZZZZ_.jpg


医者とヤクザの交流を描いた映画なんだろう
なんて想像しながら見ていたら、ずっしりと来るメッセージが隠されていた
見ていて楽しいだけじゃない、さすが黒澤監督!

人間に一番必要な薬は理性なんだよ。っていうセリフが忘れられない
映画を締めくくっているセリフなんだが、この薬が足りなかったのが松永なんだ
彼は感情や闇雲のままに生き続けた結果、あーゆうことになってしまった
理性がしっかりとある、結核にかかっていた学生の女の子を出して、松永と対照的に見ることが出来、この子がいたことによって松永の性格や理性のなさが引き立っている
理性を失うと大変なことになる。ってことを描きたかったのかもしれない

それと、真田のセリフからもよくわかる、ヤクザ批判
人間とも思えない存在だと思っているんだろう
しかし、そんなヤクザでも自分の患者となってしまえば、自分のことよりも心配してしまう
ラスト近くの嬉しそうに卵を持って帰ってくる姿は、松永の結末を知りながら見ると・・・
口は悪いが実は患者のことを一番に考える、とてもいい人だ
松永同様、真田のキャラクターもきっちりと描いている

でも、松永が真田を食ってしまっている印象がある
とくに後半はね
どんどん顔色が悪くなって、自分の地位や立場もなくなって、ただ病んでいくだけの松永がカワイソウで・・・

カワイソウと思わせるほど、人間描写もしっかりとしている
ストーリーの引っ張り方や展開、人間関係も上手く食いつくように見てしまう
濃いドラマを見せてくれ、最後にはさら~っと考えさせられることを残してくれる
そして「もう一度見たい」と思わせてくれる
まさに自分好みの映画

満足度:9

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

亡国のイージス DVD
『福井作品色々』



DVD購入で再び鑑賞

福井原作はあんまり・・・。なんてことを書いていたが、全部DVD購入してしまった俺って・・・

もちろんメイキング目当
何で買ったかっていうと、ゴジラとか特撮系のスタッフが多く絡んでいるから
どの作品もね
ローレライ、戦国自衛隊は監督が怪獣映画の人だし、亡国のイージスの特撮監督はGMKやってた人だし

メイキング目当てで買ったのもの、亡国のイージスのメイキングは酷い!
ただ撮った素材を映しているだけ
インタビューだってそうし、撮影現場を撮ったメイキングもそう
もっと気合い入れてメイキング作ってくれや

唯一よかったのは、特撮スタッフの対談みたいなやつ
そこでは東宝の大プールの話も出ていたし
イージスが沈むシーンの撮影は、大プールがなくなった後だったらしく、撮影する場所にはそうとう苦労したらしい
そのため、普通なら破壊のシーンを一回で撮るが、何回にも分けてとったみたいだ
あの沈没シーンには、全然納得がいかないが、大プールがなくなったことによってこんな苦労があったなんて知らなかった
そういえば、あそこにかわる場所ってないもんなぁ
ゴジラ以外でも使うこと多そうなのに、壊してしまったことは本当に残念だ

メイキングにはかなりの不満が残ったが、本編は劇場で見た時とほとんど同じ感想で、それなりに満足した
福井作品の中では一番好きだしね

ローレライ、戦国自衛隊とは少し違った路線に見えるんだよな
こっちはもっと硬い
ローレライや戦国自衛隊はアメリカの大作映画のような、誰でも頭を空っぽにして楽しめる娯楽映画を狙ったんだろうけど、こっちはどう考えてもそう思えん
だけど、どの作品でもよく耳にする「日本でも、アメリカのような大作映画を作れるってことをやりたかった」的な発言
これって、どうなのかね?
個人的に、あんまり良い言葉には思えないんだ
確かに日本でも、そんな映画がたくさん出来てくれれば嬉しいことには間違いない
だが、アメリカに追いつきたいってのはわかるけど、今の日本映画だとアメリカのパクリ劣化版にしかならないし、わざわざアメリカを意識して作る必要はないんじゃないかな?

技術を持っている人がたくさんいることは確かだが
制作費が違うってのがまず一番だし、観客が求める「凄い映像」は、今の日本で作るのは難しい
たま~にイイシーンはあるものの、3作品共通して特撮やCGシーンはお粗末なものが多い
もっと日本にしかできないことをやればいいのに
そーゆうことをやってお金かけて作ってるALWAYSなんて素晴らしかったしさ
ローレライと戦国自衛隊は、アメリカ意識がかなり強い気がしたね
亡国のイージスは、日本っぽい良い意味での地味さや渋さとかがけっこう出てて、アメリカとは違った感じにはなっていたけど
日本の現状とかを絡めていたし。ちょっと「?」な部分もあったが、そこはうま~い役者たちが上手くカバーしてくれている。亡国のイージスに関しては、ずいぶん役者に助けられている感じもする
どの俳優も日本を代表する人たちだし

って、亡国のイージスの感想を書くんだったけど、他の作品も合わせて書いてしまった
さっきも書いたが亡国のイージス自体は、映画館で見た時の感想とほとんどかわらない

ただ、やっぱり描写不足が目立つから、もっと削る勇気があってほしかったな
この描写不足を解消させるために、原作も読め!ってことか
良い宣伝だな!


亡国のイージス 一度目の感想

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

戦国自衛隊 1549
『ゴジラファンなら別の楽しみ方ができる』



1日は映画館で男たちの大和を見る予定だったが、眼鏡が壊れてしまい断念
正月からついてねー
いったいいつになったら大和を見れることだか・・・

今年一本目は、映画館に見に行かなくて後悔していた戦国自衛隊1549から
公開時はほとんどダメダメな感想しか見ていなかったため、ほとんど期待していなかった
個人的に手塚監督の機龍2作もノレなかったってのもあるし

でも、思っていたよりも悪くなかった
福井原作作品では亡国のイージスが一番好きだが、これはローレライと同じくらいかな?
手塚監督の作品を全部見ている人ならわかると思うが、タイトルの出し方やサブ音声とか無線演出の細かさ、中途半端なメッセージ
これはゴジラの時から同じ「手塚映画」だ
あのまま江口洋介が敬礼して終わってしまうのではないかとヒヤヒヤした
エンドロールの後は、本人登場するかと期待していたんだが、流石にそれはない
どこかにちょこっと出てるのかも?
そんな感じで、ゴジラファンなら別の楽しみかたができたりする

だが、オリジナル版と比べてしまうと・・・
ちょっとなぁ・・・。かなりの不満が出てくる
どこが駄目かと言うと、格段にスケールダウンしてしまっている
オリジナル版の感想にも書いたが、あれは一本の映画の中で色々な要素が詰まっていて、まさに盛りだくさんといった感じだった
しかし、これはどうか?
こじんまりとしすぎなんだよな
冒頭はそれなりに迫力あったものの(このへんも手塚演出)肝心の戦闘シーンは期待していたより全然少ないし、自衛隊が弱い
それに自衛隊の全面協力ならば、もっと迫力ある戦闘シーンを撮ってほしいわ

それに、ここでもやってしまった手塚節
機龍2作の時にも感じたが、やっぱり「中途半端なメッセージの出し方」がどうも受け入れられない
機龍とゴジラのガチンコバトルが見たい!って思ったにもかかわらず、しっかりと見せることが出来ない「命の大切さ」なんかを出して来てしらけたし、東京SOSではさらにそれがダメダメ映画にさせてしまった
この戦国自衛隊では同じように命や生きること、何かを守ることの大切さとかを表したかったんだろうけど、全然伝わってこない
ただ俳優に語らせてるだけなんだよな
そんなことより、やっぱり自衛隊と戦国武士とかのガチンコバトルを見せろよ!
ホントにこの監督の映画って、見終わった後に物足りなさが残るよなぁ

一番ダメだと思ったのは音楽
なんだあの薄っぺらい曲は
手塚監督なら素直に大島ミチルを起用しておけばよかったのに


これで福井原作作品を全てみたが、大当たりがなくて少し残念だ
こうして見てみると日本は大作系映画に向いていない気もしてくる
評判が良い大和にはそれなりに期待しているんだが、いったいどんなものだろうか

満足度:6.5

テーマ:今日観た映画 - ジャンル:映画

隠し砦の三悪人
『裏切りごめん!』

kakusi01.jpg


佐藤勝の壮大な音楽から始まるこの映画
アレ・・・
この曲はどっかで聞いたことがあるぞ?知っている曲だったから、一瞬伊福部昭なのかとも思ってしまった
でも、曲調が違うし・・・。どこで聞いたんだろう?と考えていたら、そうだ!
これはキンゴジの予告編で流れていた曲だから知っていたんだ
てっきり東宝特撮の音楽だと思っていたが、黒澤映画だったのか
まー、この音楽でいっきに映画に引き込まれるし、テンションが上がってしまった
この音楽は耳から離れないな

まず百姓のコンビが最高
スターウォーズのC3POとR2D2の元となったって話は有名すぎることだな
「三悪人」ってタイトルがついているが、どう見ても悪人には思えん
どっちかっていったら、見ていて気に入ってしまう愛すべきキャラクターだ
C3POとR2D2だってそうだし
結局、六郎太に最後まで利用されていただけで、二人で喧嘩ばっかり
六郎太の目を盗んで逃げ出そうとしたり、隠れてどっか行こうとしたりずる賢かったりと、人間っぽさが溢れている。そんなこのコンビは大好きだ
この二人が主役って言ってもいいくらいの映画だった
そして、そこに絡んでくる六郎太とのやり取りがとても面白く、六郎太が頼りがいのある存在に見え、百姓がますますショボク見えてしまう
そんな二人がよかったりするんだが

ストーリーもシンプルなのに飽きさせない
これは黒澤映画ではいつものことだな。
六郎太が出てくるまでやや退屈気味にもなったけど、その後退屈さをふっとばしてくれたから見終わった後気になるほどではなかった

馬が疾走するシーンは、いつも通り迫力満点で見応えアリ

見終わった後はあの音楽が聞きたくなり、百姓二人組の姿をまた見たくなる

満足度:8

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。