プロフィール

YOSHIKIXXX

Author:YOSHIKIXXX
私生活のことを書いている日記に見ている映画、全部の感想を書いていたら映画日記になってしまったから、日記を分裂(2005年9月13日~)
映画を見て、どう思ったかを書いています
映画は単純に楽しみたく、あんまり難しいことを考えて見るのは好きじゃないので、似た感想になってしまっているかもしれませんが、気楽に読んでもらえたら嬉しいです。
好きなジャンルは、SF アクション 感動系
トラックバックは勝手にしてもらってかまいませんので、どんどんどうぞ
1,2(最悪。ツマラナイ)3,4(イマイチ。退屈かな?)5,6(そこそこ 普通 不満もある)7,8(よく出来てる不満も少ない)9,10(傑作。最高に楽しめた)
みんなのプロフィールSP
人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking

カレンダー

01 | 2004/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

にほんブログ村 ポータルブログへ 人気ブログ記事検索 ブログルポ

映画鑑賞日記
見た映画の感想を書いてます 。1日1本が目標 この映画感想には、多くのネタバレがあります!! (劇場公開中の映画は、なるべくネタバレを少なめにするようにしてます)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暗黒街の顔役...8
6時半から「暗黒街の顔役」を見た
前にちょこっと見て、音楽が伊福部さんだったので見てみた
それに、製作田中友幸 脚本関沢新一と、ゴジラで見たことある名前がいくつかある

「まぁ、伊福部音楽聞ければいいかなぁ」と思ってたんだが、これが面白い!!
作品にグイグイ引き込まれて行く
出てくるキャラの描き方も上手いし、平田昭彦が凄いカッコイイ
平田昭彦=博士役 みたいな感じがあるんだが、カッコイイ ヤクザっぽくないヤクザ役だった。突然打たれて死んじゃったのが、ショッキングだ・・・。

忘れちゃいけないのが、五郎とショボショボ役をやっていた、三船敏郎
最後、五郎と三船敏郎が、オイシイところを全部持っていっちゃったって、言ってもいいくらいだろう
五郎は敵に頼まれてずっと竜太とかを見張っているんだが、最後の方で味方になって死んじゃう
味方になるまで、「なんか、よさそうな奴だなぁ」とは思っていた
死に方もカッコイイ感じ、あんまり出てないんだけど、凄い存在感がある
ずーーっと、おどかされてショボかった、三船敏郎だが最後キレる
一番、普通の人間っぽいのが三船敏郎だろうし、このキレル場面が盛り上がる
やっぱ、色々な役ができるんだなぁと思った

あと、車に引かれる寸前に宝田明が誰なのか、思い出すって演出が印象的であった

この映画、話しも面白いし、それぞれのキャラがちゃんと立っている
やくざ映画って、あんまり見たことないけど、今まで見たなかで一番よかった
追われている、宝田明が歌手やってたり、ヤクザっぽくないヤクザ映画ってところも面白い

伊福部音楽がヤクザ映画にあうのかな?なんて思ってたが、切ない感じの曲がよかった
この映画に使われていた曲が、ガイガンの冒頭の音楽と同じってことは、これを見るまで気づかなかった

暗黒街の~って映画は他に何本かあるみたいだから、見てみたいなぁ


スポンサーサイト
透明人間...6
透明人間現わる を鑑賞
1949年の作品
たばこが浮いてるシーンとか、この自体にしてはなかなかよい所があった
モノクロだからころ、できたんだろうか
話しありがちかもしれないが、まあまあ面白い
中盤眠くなったが、後半は見入ってしまった
透明人間の悲劇みたいなのが、描かれていたのがよかった


ギャングオブニューヨーク...4


ギャングオブニューヨークを見た
2時間40分もあるので、見るのやめようかと思ったが気になっていたので見といた
この映画、主題が何なのかよわからない
アメリカの歴史のことやってるんだろうけど、歴史に興味ない自分はあんまり楽しめなかった。
だけど、デカプリオの演技は素晴らし
2時間40分あって途中飽きたりしたけど、そんなに長くは感じられなかった
もうちょっと映画として楽しみたかったなぁ
歴史好きな人には面白いんだろうか?

背景とかセットとかも凄かった
船のシーンとか奇麗なシーンも多かった


ゼブラーマン
9時半起床
10時半に家を出て、ゼブラーマンを見に行った

ゲーセンで時間つぶして映画館へ。ゲーセン行くのなんて、何ヶ月ぶりだろう・・・
自分はゲームやらなかったが、友達がやってたクイズのゲームがなかなか面白い
特撮系の問題とかもあった

ゼブラーマン、4割くらいしか入ってなかったなぁ
ロードがあるから厳しいか・・・

映画自体はなかなか楽しめた
カッコ悪いんだけど、カッコよく見えてしまうヒーローがゼブラーマンだ
バイクで疾走するシーンや飛ぶシーンなんかは、すごいカッコいい
それと、本物のゼブラーマンに変身する所は燃える!!
「ウルトラQじゃないんだから」とか、マニアをくすぐるセリフとかが笑えた
監督自身もヒーローとか大好きなんだろう

ゼブラーマンは「人間らしい」と思う
実際、最初は相川翔のコスプレだし、改造人間でもない。
子供の使い方もよかった。
いつもガキが出る作品はノレないんだが、この映画はよかった
「ガキのくせに説得力ねー」とか思っちゃうんだよなぁ(笑)
車いすってのが、よかったのかも
だけど最後のシマウマに変身して、ビームで終わりってのがちょっと・・・
あのまま突っ込んで行って、爆発のほうがヒーローって感じがしてよかったのに
あと、不満は市川由衣の出番が少なかったこと(笑)
娘の役なんだし、もーちょっと出してくれてもよいのに!

これも面白かったけど、やっぱ劇場版555のほうが好きかな
三池監督が「今のヒーローは残りかす」って言ってたみたいだが、555の方が上だと思う。
昭和のヒーローって、あんまり見たことないが、ゼブラーマンは昭和ヒーローっぽい感じがした。
そこが自分にあわなかったのかもしれない
だけど、ギャグもたくさんあって面白かった


陽はまた昇る
今日は「陽はまた昇る」を見た
ビクターのVHS開発のお話
ちゃんとリアルに作ってるんだろうし、映画としての面白みもあった
渡辺謙がよかったなぁー。かなりいい演技していた
オトナ帝国でケンの声やった人も出ている
音楽が大島ミチルさんってことは、前から知っていたが、やっぱりいい音楽書くよなぁ
EDの曲が印象的だった
あーゆうことがなかったら、ベータマックスを今使っていたんだろうか・・・


ラブストーリー...8



「ラブストーリー」を見に行った
猟奇的な彼女の監督ってことで、期待して見に行った
やっぱり映画って高いよなぁ。1500円だもん
だけど、1500円分楽しめた!
凄いいい映画だ

個人的に猟奇的な彼女の方が好きだが、ラブストーリーの方が泣ける
二つは全く違う映画なんだが、雰囲気が同じだからどーしても比べてしまう
この監督はキャラの描き方と感情移入のさせかたが上手い
無駄に登場人物が多くないから、焦点がずれたりしない
それにちゃんとギャグも入ってるし、シリアスと笑いのバランスがもの凄くよい
テスがすんごい笑える。これはいいキャラだ
それにいい人だし切ない。
テスが自殺しようとするところが、最初の泣きどころだ

この映画、音楽がよかった
画面とマッチしていて、泣かせてくれる
猟奇的な彼女と同じ曲が流れてたのは嬉しかった
原作も読んでみたいし、サントラも欲しい。DVDも買いたい!!
「赤い月」を見るつもりだったが、こっちを見といてよかった。

劇場:TOHOシネマズ川崎
羅生門...6

朝、ちょっとしか雨ふっていなかったから、チャリで学校行ってしまった
で、帰りはずぶ濡れに
明日は晴れてくれるんだろうなぁーー。

「羅生門」を見た
これって、原作を映画にしたんだと思っていたら、国語でやったのとは違っていた
いい映画だとは思うが、現代ものっぽいのが好きな自分はあんまり楽しめなかった。
やっぱり、話しがわかりやすかったのはよかったけどねぇ。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。