プロフィール

YOSHIKIXXX

Author:YOSHIKIXXX
私生活のことを書いている日記に見ている映画、全部の感想を書いていたら映画日記になってしまったから、日記を分裂(2005年9月13日~)
映画を見て、どう思ったかを書いています
映画は単純に楽しみたく、あんまり難しいことを考えて見るのは好きじゃないので、似た感想になってしまっているかもしれませんが、気楽に読んでもらえたら嬉しいです。
好きなジャンルは、SF アクション 感動系
トラックバックは勝手にしてもらってかまいませんので、どんどんどうぞ
1,2(最悪。ツマラナイ)3,4(イマイチ。退屈かな?)5,6(そこそこ 普通 不満もある)7,8(よく出来てる不満も少ない)9,10(傑作。最高に楽しめた)
みんなのプロフィールSP
人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

にほんブログ村 ポータルブログへ 人気ブログ記事検索 ブログルポ

映画鑑賞日記
見た映画の感想を書いてます 。1日1本が目標 この映画感想には、多くのネタバレがあります!! (劇場公開中の映画は、なるべくネタバレを少なめにするようにしてます)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亡国のイージス DVD
『福井作品色々』



DVD購入で再び鑑賞

福井原作はあんまり・・・。なんてことを書いていたが、全部DVD購入してしまった俺って・・・

もちろんメイキング目当
何で買ったかっていうと、ゴジラとか特撮系のスタッフが多く絡んでいるから
どの作品もね
ローレライ、戦国自衛隊は監督が怪獣映画の人だし、亡国のイージスの特撮監督はGMKやってた人だし

メイキング目当てで買ったのもの、亡国のイージスのメイキングは酷い!
ただ撮った素材を映しているだけ
インタビューだってそうし、撮影現場を撮ったメイキングもそう
もっと気合い入れてメイキング作ってくれや

唯一よかったのは、特撮スタッフの対談みたいなやつ
そこでは東宝の大プールの話も出ていたし
イージスが沈むシーンの撮影は、大プールがなくなった後だったらしく、撮影する場所にはそうとう苦労したらしい
そのため、普通なら破壊のシーンを一回で撮るが、何回にも分けてとったみたいだ
あの沈没シーンには、全然納得がいかないが、大プールがなくなったことによってこんな苦労があったなんて知らなかった
そういえば、あそこにかわる場所ってないもんなぁ
ゴジラ以外でも使うこと多そうなのに、壊してしまったことは本当に残念だ

メイキングにはかなりの不満が残ったが、本編は劇場で見た時とほとんど同じ感想で、それなりに満足した
福井作品の中では一番好きだしね

ローレライ、戦国自衛隊とは少し違った路線に見えるんだよな
こっちはもっと硬い
ローレライや戦国自衛隊はアメリカの大作映画のような、誰でも頭を空っぽにして楽しめる娯楽映画を狙ったんだろうけど、こっちはどう考えてもそう思えん
だけど、どの作品でもよく耳にする「日本でも、アメリカのような大作映画を作れるってことをやりたかった」的な発言
これって、どうなのかね?
個人的に、あんまり良い言葉には思えないんだ
確かに日本でも、そんな映画がたくさん出来てくれれば嬉しいことには間違いない
だが、アメリカに追いつきたいってのはわかるけど、今の日本映画だとアメリカのパクリ劣化版にしかならないし、わざわざアメリカを意識して作る必要はないんじゃないかな?

技術を持っている人がたくさんいることは確かだが
制作費が違うってのがまず一番だし、観客が求める「凄い映像」は、今の日本で作るのは難しい
たま~にイイシーンはあるものの、3作品共通して特撮やCGシーンはお粗末なものが多い
もっと日本にしかできないことをやればいいのに
そーゆうことをやってお金かけて作ってるALWAYSなんて素晴らしかったしさ
ローレライと戦国自衛隊は、アメリカ意識がかなり強い気がしたね
亡国のイージスは、日本っぽい良い意味での地味さや渋さとかがけっこう出てて、アメリカとは違った感じにはなっていたけど
日本の現状とかを絡めていたし。ちょっと「?」な部分もあったが、そこはうま~い役者たちが上手くカバーしてくれている。亡国のイージスに関しては、ずいぶん役者に助けられている感じもする
どの俳優も日本を代表する人たちだし

って、亡国のイージスの感想を書くんだったけど、他の作品も合わせて書いてしまった
さっきも書いたが亡国のイージス自体は、映画館で見た時の感想とほとんどかわらない

ただ、やっぱり描写不足が目立つから、もっと削る勇気があってほしかったな
この描写不足を解消させるために、原作も読め!ってことか
良い宣伝だな!


亡国のイージス 一度目の感想
スポンサーサイト

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://xjapanyoshiki.blog24.fc2.com/tb.php/343-811a9e2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画館「亡国のイージス」

地元の映画館で勝地涼さんと谷原章介さんの舞台挨拶付の上映を見てきました!舞台挨拶の感想はこちらから。海上自衛隊、航空自衛隊の全面協力を得て作られたこの作品。小説を読んだ父と一緒に観にいったのですが、父曰く内容が薄いとのこと。映画を観終わって父から、... ☆ 163の映画の感想 ☆【2006/01/29 21:33】

亡国のイージス

亡国のイージス 『亡国のイージス』(ぼうこくのイージス)は講談社から発行されている、福井晴敏によって書かれた小説である。概要2000年に日本推理作家協会賞、日本冒険小説協会大賞、大藪春彦賞をトリプル受賞。また、これを基にした映画が2005年公開 maiの日記【2007/03/04 09:08】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。