プロフィール

YOSHIKIXXX

Author:YOSHIKIXXX
私生活のことを書いている日記に見ている映画、全部の感想を書いていたら映画日記になってしまったから、日記を分裂(2005年9月13日~)
映画を見て、どう思ったかを書いています
映画は単純に楽しみたく、あんまり難しいことを考えて見るのは好きじゃないので、似た感想になってしまっているかもしれませんが、気楽に読んでもらえたら嬉しいです。
好きなジャンルは、SF アクション 感動系
トラックバックは勝手にしてもらってかまいませんので、どんどんどうぞ
1,2(最悪。ツマラナイ)3,4(イマイチ。退屈かな?)5,6(そこそこ 普通 不満もある)7,8(よく出来てる不満も少ない)9,10(傑作。最高に楽しめた)
みんなのプロフィールSP
人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

にほんブログ村 ポータルブログへ 人気ブログ記事検索 ブログルポ

映画鑑賞日記
見た映画の感想を書いてます 。1日1本が目標 この映画感想には、多くのネタバレがあります!! (劇場公開中の映画は、なるべくネタバレを少なめにするようにしてます)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亡国のイージス...8



1日だから見てきた
戦国自衛隊も見てないし、見に行かなくてもいいかなぁと思ってたが、神谷監督が特撮シーンをやってるみたいだから見たくなった
でも、その特撮シーンがイマイチ
最後の爆破して沈没するところは、もうちょっとリアルにできなかったもんなんだろうか・・・

まぁ、もともとこれは特撮映画ではないかな?
ローレライみたいにSFっぽい映画じゃないから、エンターテイメント性にはかけるけど、個人的にはローレライよりは好きな映画だ
男たちの熱いアクションとドラマがいい感じ
場面を盛り上げる音楽もよかった
生の自衛隊の映像は、迫力あっていいね

だけど、これって原作には書いてあるのかもしれないが、登場人物の設定とか背景がよくわからない。
最後のシーンにあった、宮津と如月が親子みたいなシーンがあったけど、そーゆうことでいいのかな?じゃあ、回想シーンで殴ってた人は誰?
あと、どうやって如月は連れたこれらたんだろう?
ジョンヒは何者?如月と関係あるんだろうか
吉田栄作とかの部下は、なんでいいなりになってたんだろうか。「自分達の考えがある」って言っていたが、それは何?
と、色々わからない部分が多かった
原作読めばいいのかなーと思い、本屋によったが上下で出てるのね・・・
ちょっと長いのは読む気にはならないな・・・
映画だけでちゃんと説明してほしかったし、説明できないのなら削ってくれたほうがよかったかも
それにしても、この映画人死にすぎてるよなー
如月が杉浦を殺して、結局自分が撃つ時に考えてしまって撃たれちゃうってシーンはよかったが
緊張感ドラマ、俳優の演技、生の自衛隊、全体的によかったか
こーゆう雰囲気ある映画って好きなんだよね

クレヨンしんちゃん 3分ぽっきり...4



最近、テレビもあんまり見なくなっちゃったし、イマイチな感じしていたけど
やっぱり気になってしまっていたから見に行った

怪獣がたくさん出る!ってことでね
これは見るしかないでしょ

そこそこ楽しめたかな
でもね
はっきり言って、クレしん映画ではワーストかな
自分が怪獣マニアじゃなければ、かなり冷めていたと思う
子供にはわかりやすいストーリー展開だったけど、子供以外が見るにはちょっと退屈かも
ただ、怪獣倒しの繰返し
どっかで読んだが、この監督はGFWが好きらしい
かなりわかるね
そーゆう映画になってるもん。GFWみたいに怪獣がたくさんでてきてそれを倒す

クレしん映画のことだから、前半テレビSPみたいでも後半盛り上がってくれるだろうと思ったが、それもほとんどない
なんか、突然「家族の絆」みたいなのがでてきちゃったし
ヒーローモノとしてはけっこうよかったから、そんなのいれないでギャグとヒーローで通してほしかった
いいところも、たくさんあった
冒頭のセリフなしのところは面白かったし
それに、怪獣がいいね
エンドロールの「ラドン 温泉」はよかった!!
あと「ニセしんのすけ」って、ちゃんと偽物も出てくるのが嬉しいね
この監督も原監督と同じで、かなり怪獣とか特撮好きそう
でも、個人的に大減点なのが、みさえが萌えキャラみたいになってたこと
かなり冷めたな
クレしんって、そーゆうのじゃないと思うんだよね

来年はとりあえず、もっと脚本ねってほしい
監督はこのままでいいかもしれないけど、来年は脚本家かえてほしいなぁ・・・
オトナや戦国並の映画は、もう見れないんだろうか?
毎回違った映画を見れるのが、クレしんのいい所だからとりあえず期待はし続けよう

ローレライ...7



ローレライを見に行った
平成ガメラの樋口監督ってことで、かなり期待していた

まぁ~、面白かったかな~
2時間飽きずに見れたしね

でも、映画がはじまって突然場面の説明とかがなく、話しがはじまって行ったから物語をつかむまで時間がかかった
あと、妻夫木をもっと出してほしかった!
なんだか、あんまり存在感がない
妻夫木をパウラの関係とかを、もっと濃く描いてほしかった

この映画、ちょっとCGがお粗末な部分があった
これなら、樋口監督なんだしミニチュアを使ってやってほしかったなぁ
これがヒットしてくれれば、他にも怪獣以外の特撮映画がふえていきそうだ

GFWその2

GFW今日で見るのは二回目だが・・・
なんか、すっげー面白く感じた
あんなに長いアクションシーンも長いと思わなかったし
正直ハマっちゃったね
これ何度も見に行きそう
こんな面白いと思ったのはGMK以来だよ
苦手だったラストも北村監督のインタビュー読んだら、少し納得した
今回は「許す」ゴジラなんだと
そーいえば、人間を許したことってなかったよな~
音楽も、あれほど合わないと思ってたんだけど、ゴジラの音楽は結構いいし

最初見た時は、今までと違い過ぎて駄目だと思ったんだけど、2回目だからなれてきたんだろうな
無理に「リアル」にこだわらないのがいいね
ミレニアム意向は無理に「リアル」にこだわってた感じがするから
リアル、リアル言わなくても面白い作品ができた
前に見せ場が無い、とかインパクトがないとか書いたけど、この映画はずっと見せ場の連続だったんだよな。そう思いはじめた

はやく、また見に行きたいな~~
この勢いだとGMK並に見に行きそうだ


ゴジラファイナルウォーズ
ついに試写会だ
なんか、客層がいつもと違う感じが
おっさんとか女子高生とかも多かった

映画のほうは「あれだけデカイこと言っといて、この程度ですか?北村監督」って感じだ
べつにこーゆうゴジラ映画があってもいいし、アクション映画好きな自分にとっては嬉しいよ
凄い楽しんでて「自分の中で傑作になるんじゃないか」と思ってたし
でもそれも、途中までなんだよね
最初から最後まで、ずーっと人間アクションと怪獣バトルの繰り返し
なんの内容もない
内容がないどころか、アクションも怪獣バトルの同じようなカットしかないから、印象に残るシーンが無い
前に7分のプロモを見たが、それがちょうど2時間5分に伸びて映画にしたようなもん
結局、あれ見た時が一番興奮したな
プロモ見た時監督が「これは、まだジャブにすぎない」って言ってたけど、映画もジャブの連続、決め技がない

怪獣の使い捨ても酷いし
へドラなんて、何あれ?
熱線で海から飛ばされてやられただけじゃん
トラゴジよりも登場シーンが少ないなんて
へドラに思い入れがある人は、どー思ってるんだろう
もしあれが、ビオランテとかバトラだったらそれだけ×映画になっちゃうね
ガイガンがゴジラのライバルみたいなことを言ってたけど、どれもすぐ死んじゃう
正直、思い入れが強い怪獣が出てなくてよかったよ
こんなふうにされちゃうなら、出ない方がまだマシ

ミニラが出るシーンがとにかくしらける
苦笑いだよな、あれじゃあ
インタビューで北村監督が「きぐるみ丸出しはダサイ」みたいなこと言ってたが、富士山のバトルシーンはきぐるみ丸出しじゃん
まぁ、特撮シーン撮ってるのは北村監督じゃないから、どーしようもないけど

やっぱり、映画でも造型の酷さは目立った
これはフォローしきれない
これほど「カッコイイ!って思えるゴジラ」が少なかったゴジラ映画は初めてかも
いや、特撮自体はいいんだよ
だけど、造型が悪いからかっこ悪く見える
もっとカッコイイゴジラだったら「おぉー!!」ってなるシーンは多い

それと音楽もゴジラに合ってない
もっといいかなぁー、って思ってたんだけど
ほとんど音楽なり続けていたが、印象に残る音楽がない
この映画、すべてにおいてインパクトにかける
EDの曲もへんだったし・・・
あれならゴジラのテーマ流してくれよ!
サントラは一応買うけど、いつもみたいにたくさん聞くことはなさそう

ラストシーンも、個人的にはイマイチだな
ってか、ラストシーンどんなもんになるのか凄い楽しみだった
50周年、ゴジラのラストはどれくらい壮絶な物になるのだろうか、と
しかし・・・
ミニラと泉谷しげるに説得され、ミニラとともに海に帰って行くゴジラ
なんじゃこれ
これがラストかよーー!!
んー・・・・
予想をはるかに超えた範囲だ
vsメカゴジラでベビーと海に帰るゴジラには違和感がなかった
しかし、これはちょっと・・・
ミニラの存在自体が駄目だったからな・・・
しょうがないか・・・

なんか批判ばっか書いてるが、そんなに嫌いってわけじゃない
少なくとも去年一昨年よりは楽しめた
だけどこれが「ファイナル」ってのが
最後じゃなければ、普通に絶賛していただろう
特撮だって、いつもと違ってちゃんと金かけて上手く見せてる所も多い
だけど、インパクトがないんだよ
「これだ!!」ってシーンが無い
人間ドラマにしろ怪獣バトルにしろ

この映画のいいところは、明らかに今までのゴジラと方向性が違う所
新しいファンをふやそうとしてるのかな、こーゆう意気込みはいいと思う
ゴジラの範囲が広がるし
バイクアクションも、けっこうよかったし、エビラとのガチンコバトルもエビラの巨大感が出ててよかった
あと、北村一輝の演技は最高だね
この映画の一番の見どころは、彼の演技でしょう
変な笑い声とか、狂ったようなセリフ
文句なしだ

何度も書いてるけど、こえが最後じゃなければよかった
これが最後に当分見れなくなると思うと、ため息が出る
最後に20億かけて、大パロディ映画

なんか、もったいない気がするな・・・
やっぱり、この薄さは脚本が駄目なところにあると思う
内容のなさの全てはここだ
平成シリーズで、濃い脚本なんてそうはなかったと思うけど、脚本だけならこれが一番悪いかも。それくらい駄目脚本

どうも新作見たって感じがしないんだよな・・・
4日見る気があんまり起きないんだよなぁ~
1回みたら腹一杯って感じで
2度目見るのが怖いってのもある。笑いのシーンがしらけそうだから
今度は、いいところ見つけるようにして見よう


仮面ライダー剣 MISSING ACE
ってことで、剣を見に行く

1時半くらいのを見ようと思い12時半くらいに家を出る

自由席だったから、2回見た
映画の方は、見終わった後の感覚は今までで一番よかった
龍騎の時は中途半端な感じだったし、555の時は鬱展開だったから
だけど、内容の濃さは555の方が上かな~
なんか、ひたすらバトルって映画だった
思ってたよりも、杉浦弟の演技がよかった
もしかしたら兄よりも向いてるんじゃ?
ランスもっと出してほしかったな~。べつに殺すことないのに

やっぱ、冒頭のバトルがよかったな
あそこ、まばたきしなかったし・・・
それと「睦月!始を復活させるんだ!」で、リモート使ってカリス復活がすっごい燃えた
「この子に・・・近づくな!!」からスピニングダンス(?)がかっこよすぎ
ラストの剣崎と始のドラマが、ちょっと泣きそうになった
「人間を守るのがお前の仕事だろ!!」って身代わりになる始がよかった
最後、剣崎と始の話にもってくるってのが、井上脚本っぽかったな
龍騎の時は真司と連で、555の時は巧と木場だったように

今回はギャグも多めで、何度も見ちゃいそうな感じの映画だった
ゲストの木場 社長 海堂もよかった。まさか喧嘩はじめちゃうなんて・・・

最終決戦の時、ブレイドとギャレンはジャックフォームになって飛んで行くのに、レンゲルだけフロートってのが見てて笑えた
はやくDC版が見たいね
戦隊が時間伸びたから、けっこうカットされてんじゃないかな

デカレンジャーの方は、今までと同じって感じかな
なんか、ウイルスとかのがMi-2と被っててかなり冷めた・・・
ロボットの特撮はよかったが。まぁ、こんなもんかな?
戦隊見てない自分にとっては、ライダーだけ見れればいいし・・・
1日にもう一度見に行こうかな~


クレヨンしんちゃん カスカベボーイズ...7


4時半くらいからのを見ようと思ったので、3時半くらいに家を出た

まず最初に映画館に行ってチケットを買う
それから、色々見て回っていたらあっという間に時間に!
ちょっと遅れてしまった、しかもゴジラの特報見れなかったし・・・
残念だな~・・・。

映画の方は面白かった
だけど、期待より上のものを望んでいたので「もっと面白かったらなぁ」って思っちゃう

最初はTVシリーズみたいなノリで始まる
ここでのおにごっこの、ボーちゃんの「オレオレ詐欺」がオモシロイ!!
そのままカズカベ座にたどり着いて、OPなんだけど・・・
なんと「オラは人気もの」が流れた!!pleasureじゃなかったのか~
これには、驚かされた

で、しんのすけ以外が映画の中に入っちゃって、後から野原一家が行っちゃうんだけど・・・。
ここから、つばきちゃん登場まで話しが動かない
しかも、10~15分もある
これって、長いよな
TVSPとかわらないし。「また、TVSPで終わっちゃうのかなぁ」と正直不安になった
個々のギャグは面白いんだけどねぇ~

つばきちゃんと会ってからも、あんまり話しが動いてるようには感じられない
やっぱり、ジャスティスシティーだけで話しが展開されてるのにムリがるのかな?

本格的に話しが面白くなってきたのは、太陽が動きだしてから。この後半が最高だ
もちろん、それまでもオモシロイ所はあるけど
ツボだったのが、みさえの歌のシーンかな
だけど、何度も繰り返された暴力的なシーンと、マイクの説明セリフがちょっとウザかった。セリフで説明するんじゃなくて、絵で見せてほしい

映画を完成させれば元の世界に帰れることを知った後、ジャスティスとのバトルになる
かざまくんが、なかなか元に戻らないんだけど、そこでしんのすけが「ムリして悪ぶってる」みたいな感じのセリフを言うところがよかった・・・。

それで、何かが封印されてる秘密の場所に汽車で行くことに
ギャグを入れながらのバトルは、クレしんならではだ
こーゆうのって、クレしんじゃないとできないよね。

列車が切り離されちゃって、かざまくんがピンチに!ってところでしんのすけが助けにくるシーンが、泣けた!超ゲッソリしちゃってるし・・・。
やっと、かざまくんも元に戻ってカスカベボーイズに!このシーンも泣ける
予告でやってた、しんのすけのカンチョーもちゃんとやってくれた

ジャスティスのロボットとのバトルシーンで「かすかべ防衛たいファイヤー!」を思い出すシーンがよかった!!まさおくんなんて、ホントに燃えちゃってるし・・・。

このロボット見て思ったんだけど、この映画って西部劇の必要性が薄い
ロボットだすんだったら、西部劇じゃなくて東宝がやってた 怪獣 ヒーロー パニック映画モノの世界のほうがよかったなぁー。その中だったら、ロボットいても不思議じゃないし。

ここで色々な技が出てきたけど、ねねちゃんのうさぎパンチに大爆笑した
封印されてる場所にたどり着いた
封印されてたのは何と・・・「お わ り」の文字
映画が終わったって意味だった。これでやっと、かすかべに帰れてハッピーエンドなんだろう・・・と思ってたが・・・

なんと、そこにはつばきちゃんがいない!!
つばきちゃんも映画の中人だったのかぁ
これにショックを受けて、スクリーンに何度も入ろうとするしんのすけが切ない・・・
きっと、自分が映画の世界の人間って言わなかったのは、つばきちゃんの優しさなんだろう

起き上がらないしんのすけに聞こえてきたのは、ドアの向こうから吠えてるシロ
シロに会えて家に帰ることにするしんのすけで、終わり
このシーンもよかった。中盤でシロの事を喋ってたから、泣けた
もっと、シロを使ってくれればよかったなぁ。
失いそうな記憶をシロで取り戻すとか

あと、ジャスティスとつばきちゃんは実は親子だったくらいのことは、やってほしい
ジャスティスが現実が嫌になってた所にこの映画の世界に入っちゃって、映画の世界を楽しんで娘のことも忘れてしまう
そうすれば、主題歌の「普通の人なんかにゃなりたくない~」に繋がるし

色々不満もあるが、楽しめたな。不満があるのは、期待が大きすぎたせいもあるし
ジャングル見た時と同じ印象を受けた
前半はあんまりだけど、後半盛り上がってスカっと泣ける
前半が、TVっぽかったせいもあるか、原監督時代にあった「映画見てる!」って感じがあんまりしなかった

来年も同じ監督なら、前半後半に面白さがかたよりすぎないで作ってほしい
ヤキニクは後半ダレダレだったから

何度も見てるうちに、どんどん好きなっていきそうな映画っぽいなぁ
1日にもう1回見よう

帰りに○あげようを買ってしまった
あの、EDは泣けるよ・・・。終わった後もしばらく泣いていたい気分にさせられる

ゼブラーマン
9時半起床
10時半に家を出て、ゼブラーマンを見に行った

ゲーセンで時間つぶして映画館へ。ゲーセン行くのなんて、何ヶ月ぶりだろう・・・
自分はゲームやらなかったが、友達がやってたクイズのゲームがなかなか面白い
特撮系の問題とかもあった

ゼブラーマン、4割くらいしか入ってなかったなぁ
ロードがあるから厳しいか・・・

映画自体はなかなか楽しめた
カッコ悪いんだけど、カッコよく見えてしまうヒーローがゼブラーマンだ
バイクで疾走するシーンや飛ぶシーンなんかは、すごいカッコいい
それと、本物のゼブラーマンに変身する所は燃える!!
「ウルトラQじゃないんだから」とか、マニアをくすぐるセリフとかが笑えた
監督自身もヒーローとか大好きなんだろう

ゼブラーマンは「人間らしい」と思う
実際、最初は相川翔のコスプレだし、改造人間でもない。
子供の使い方もよかった。
いつもガキが出る作品はノレないんだが、この映画はよかった
「ガキのくせに説得力ねー」とか思っちゃうんだよなぁ(笑)
車いすってのが、よかったのかも
だけど最後のシマウマに変身して、ビームで終わりってのがちょっと・・・
あのまま突っ込んで行って、爆発のほうがヒーローって感じがしてよかったのに
あと、不満は市川由衣の出番が少なかったこと(笑)
娘の役なんだし、もーちょっと出してくれてもよいのに!

これも面白かったけど、やっぱ劇場版555のほうが好きかな
三池監督が「今のヒーローは残りかす」って言ってたみたいだが、555の方が上だと思う。
昭和のヒーローって、あんまり見たことないが、ゼブラーマンは昭和ヒーローっぽい感じがした。
そこが自分にあわなかったのかもしれない
だけど、ギャグもたくさんあって面白かった




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。